忍者ブログ
MUGEN製作なんかをまったり語る
[1] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回は直接のコーディングでは無く、表現法の一つ。
MUGENで完全再現できない技の一つに飛び道具反射があります。
近年のKOFでは、相手の飛び道具をそっくりそのまま返すのではなく、反射用の自分の飛び道具に
置き換えて打ち返すキャラが出てきています。(山崎、クーラなど)

というわけで、「反射」にこだわらずに「飛び道具専門の当て身」って考えると
この問題は比較的簡単に解決するんじゃないかと思います。
飛び道具を反射できる領域に、やられ判定をつけた透明ヘルパーを設置。
飛び道具を受けたことを認識するのに、HitOverrideを使います。
打撃や投げに対しては、NotHitByを設定しておいてくださいね。
HitOverrideで移動したStateで、ProjでもHelperでも自分の飛び道具を発射し
即時DestroySelfすればOKです。

複数回反射できる場合は、本体の方でその都度透明ヘルパーを呼んであげましょう。
透明Helperは、本体が押されたりしてもずれないように、BindToParentするのを忘れずに~
PR
kfmをベースに、周囲を旋回するHelperを呼び出すサンプルコーディングです。
Varで角度を管理し、それを元に本体との距離を算出しています。
ウロボロスやソウルイレイザーなどを作ってみたい方、参考にしてみてください。

[Statedef 1500]
type = A
movetype = I
physics = N
anim = 191
velset = 0,0
ctrl = 0
sprpriority = 7

;回転角度を決める
[State 1500, 1]
type = VarAdd
trigger1 = Time % 6 = 0
v = 0
value = 6

;360度を超えたらリセット
[State 1500, 2]
type = VarSet
trigger1 = Var(0) >= 360
v = 0
value = Var(0) - 360

;身体の中心を軸にして回転
[State 1500, 3]
type = BindToParent
trigger1 = 1
pos = (-1*cos(Var(0))*50),(parent,const(size.mid.pos.y)-sin(Var(0))*50)
プラモのランナーパテを作るために延々とニッパーで屑ランナーを切り続け
親指の付け根に豆ができてしまいました。
今はもうなくなってしまいましたが、左手は弓道の弓が当たるところに豆ができたりしたものだけど
今ではもう不健康ばりばりでそんなものできる余裕はありません。

以前の記事で、WinKawaksで餓狼MOWのデバッグができないって書きましたが
なんとかDIPスイッチを立てて軸や当たり判定表示ができるようになったので
今回のテーマはこれにしてみます。ひゃっほい。

解決方法は簡単で、単にNeoRageXと併用しただけです。
NeoRageはKawaksよりもファイルの認識が緩やかで、構成ファイルでも同じ名前のが
無いために、Kawaksのフォルダに全部つっこんでも問題ありません。
後はNeoRageでデバッグモードに入るためにDebug Biosを入れておくだけです。
Biosに関しては何も訊かないように。

デバッグモードではタイトルごとにいろいろと役立つ機能がありますが
中にはチートで対応できるものもあったり、逆にデバッグモードでしかできないもの
チートでしかできないものもあります。うまく併用して、効率の良い作業ができればいいですね。

①KOFシリーズ(2003を除く)&SVC
・オブジェクトテスト…DIP1-8
・当たり判定表示…DIP1-2
・タイムが減らない&ボスキャラ使用…DIP1-3(KOF97のオロチは使えません。KOF94ではDIP1-4)
・体力が減らない…DIP1-6
・サウンドアドレス表示…DIP2-5

②龍虎の拳
・体力が減らない…DIP1-6

③龍虎の拳2
・隠し技使用可能…DIP2-4をオンにして2,6+AorB

他に調査が済み次第、記事を更新します。
CABALにのめり込むとキャラ製作がめっきり停滞してしまう毎日、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。
結構重要なポイントにsffの軸あわせがあるのですが、本日のネタはそこから。

まず、重要な事は、X軸の調整>Y軸の調整であること。
X軸は近距離・遠距離の技の分岐があったり、投げ間合いの直結するのでなるべく丁寧に
やっておきたいポイントです。Y軸が移動するのは主にジャンプ中ですし、
そうすると常に動いているので数ドットのズレはあまり気になりません。
よほど怪しい設定にしない限り、そんなに目立たないのでさっくり行きましょう。

では、まずX軸から。
キャラクターの影が楕円のゲームでは中心軸を探すのは簡単です。
楕円の中心軸=キャラクターの中心軸であることが非常に多いからです。
正確に調べられない時は目分量でもいいのですが、相手を飛び越して振り向くときに
同じ画像が左右対称で表示されれば、その中心にしてもいいでしょう。
チートが使いこなせれば、固定してキャプチャ→余白を削らずに登録→crop機能でいらないところを削る
という流れが手っ取り早いです。
X軸が合わせられていれば、投げの座標計算も楽になるので頑張ってください。

次にY軸。
立ち状態やしゃがみ状態ではずれることはほとんど無いので、ジャンプ中の画像が問題になります。
留意するポイントはただ一つ。ヘソにあわせればほとんど気にならない。
逆上がりの練習をするときに、おなかやヘソを鉄棒に近づけるようにって言われませんでしたか?
ヘソ=回転中心座標って考えればわかりやすいかと思います。

これもどちらかというと習うより慣れろの世界ですので、まずはやってみましょう。
テストプレイをしているときに気になる点がでてくれば、そこを修正していけばいいのです。
というわけで、頑張ってみてくださいね♪
昨日、知り合いの製作者さんから、制作中キャラの画像の一部が見切れてしまうという
相談をうけました。というわけで、今日はあったら便利なチートとその探し方ってのを
テーマにしてみようと思います。
そういや、その人とは切り出せないって言っていた画像を戯れに切り出して
送りつけたのが交流の始まりだったというのを今思い出した。

①時間無制限
これはやっぱりあった方が無難です。新しめのゲームではプラクティスが搭載されていて
いらないこともありますけど、レトロ系ゲームには必須ですね。
ギャラファイなんかは1ラウンド60秒しかないし。
ポーズをかけてチート検索開始→タイムカウントが減ったら比較検索で、前回より値が減少しているアドレス
これを何回かやっていれば発見できるはず。

②体力無制限
同じくプラクティスがあるゲームでは不必要なチート(KOF2003を除く)
攻撃を当てて値が減少しているアドレスと、なにもしないで放置して値に変化の無いアドレスとの
併用で検索しましょう。俺TUEEEEプレイがしたいなら1Pのを、製作には2P側だけ検索すればOK

③Y座標固定
ジャンプすると頭の一部が見切れるとか、縮小処理が起きてキャプチャできない時に有効です。
オブジェクトテストができれば不必要ですけれどね。
立ちニュートラルで検索開始→地上でいろいろな行動を取らせて変化のないアドレスを検索
→ジャンプをさせて上下に変化が起きたらこまめに値に変化があるアドレスを検索で。
一定の高さでないと出せない技なんかが使えないという欠点もありますが
チートを無効にしてから該当技を出す→チートを有効にして強制座標固定って流れで解決する時も。
nebulaをメインで使う人にはあんましいらない可能性があります。
投げなんかで画面が上にスクロールして見切れるってのは、2P側で探してください。

④X座標固定
あたり判定表示や影の形が楕円じゃなくて、sffの画像の軸を合わせにくい時に有効。
垂直ジャンプで変化の無いアドレス→少し歩かせて変化のあるアドレスで検索できます。
座標が固定されても速度が0になってない場合、速度分のズレが発生する可能性がある点に注意。
投げなんかで画像が重なってしまう時に、動作の途中からチートを有効にして分解したり
ダウン時に砂埃が立って邪魔な時にも便利です。

⑤CPU専用キャラ使用
キャラクターごとに番号が振ってあるので、使用キャラを変えながら地道に検索するしかないです。
セレクト画面で検索が効く時もあるので、その時はラッキーと思いましょう。
大抵主人公が00で、一人ずれるごとに値が+1ずつ変化するパターンが多いです。
また、世の中にはどうしても使えないキャラがいたり、パレット情報を別に格納しているために
画像がバグって表示されたり、コマンドがわからなかったりと様々な問題が発生する可能性あり。
あきらめるか、CPU操作を根気よくキャプチャし続けるのも愛。

⑥拡大縮小固定
投げなんかで強制的に縮小してしまう場合は必要になってきます。
某魔界大帝は常に拡大縮小がかかっていたりするので、固定しないとまともにキャプチャできません。
これも拡大時と縮小時で変化のあるアドレスを根気よく調べるしかないです。
拡大時に値がFFになってるパターンが多いですが、キャラと背景が別々に情報を持っている場合や
相対座標から縮小率を計算しているゲームではみつからない可能性があります。

ところで、Mark of Wolvesってkawaksじゃデバッグできないのかな。あたり判定表示ができないと
ほたるのリメイクできないです。情報お待ちしています。


カレンダー
08 2014/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
あだむすきー
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
P R